プロパンガス料金を今よりも安くする

プロパンガス事業者の利益構造と自由料金

利益構造で重要になってくるのは原料調整と言われるガソリンと同じように原油価格によって料金が上下する点です。何ヶ月も前にわかればいいのですが、時価になる為ガス会社側も変動する価格の先読みはできません。

しかし、元々高いガス料金設定をし消費者を苦しめてきた全国各地のガス会社は値上げなどせずに利益帯を維持できると思われます。いち企業として利幅を求めるのは当然の考え方ですが、日々の生活に密着したエネルギーを供給する事の大切さを踏まえ、お客様と末永いお付き合いを築いていく、本当の意味で消費者に寄り添う業界へと方向転換が必要です。

プロパンガスはいわばガス会社の言い値価格がまかり通る業界です。大手管理会社と業務提携する悪質な業者も多く、非常に高いガス代を設定している事がご相談からわかってきます。管理会社だけのせいではなく、集合住宅は料金が高く設定されている場合が多いのです。

プロパンガス価格は自由料金

見通しの付かない価格。燃料輸送費、消費者まで届ける配送ルート方法など事業所毎で違います。
ガス会社毎で卸値や経費が違う為、プロパンガスの料金・価格を都市ガスのように一律で設ける事ができません。ガス会社毎で値段を自由に決めて良いと定められている為、値段を引き上げる業者が多く問題視しています。

時勢も何も関係なく値上げに踏み切る業者も少なからずいらっしゃいますが、ガス会社の経営状態から適正な価格設定をされている業者さんもいると思います。

実際にお安く供給ができるガス会社と、どう頑張っても安くできないガス会社が混在しています。

適正価格でしかも後々の値上を引き起こさないようガス会社と契約を結ぶことが必要になっています。

プロパンガス協会による料金値下げ&価格の監視(全国対応)

プロパンガス使用料金なら適正事業者への切り替えサービスです。


ご相談から適正価格化まで全て無料です。
現在のプロパンガス料金を診断します。
継続的に適正価格での提供が可能な事業者をご紹介します。

お申し込みは5分程お電話で受付完了。
受付:インフォメーションセンター
0120-828-969(通話無料)
【受付時間】10時~18時 年末年始、夏期休業を除く

簡易料金診断はこちら