プロパンガス適正価格について

LPガスの適正価格とは?

LPガスの販売価格は販売事業者により自由に価格設定が可能な自由な業界です。

では当協会が指している適正価格とは一体どういった価格帯なのでしょうか。

プロパンガス協会が掲げている適正価格はガス会社の利益も確保した価格でありながらも、地域最安値価格帯といっても過言ではないでしょう。

ガス会社のLPG(液化石油ガス)は輸入価格によって決められてきてしまいます。輸入価格はLPガス輸入価格(CP・FO)と為替レート(TTS)が考慮されます。

つまり、ガソリンと同様時価であり価格は時として変わっています。サウジアラジアの国営石油会社サウジアラムコの価格を基準に連動させ、料金設定を上下させているガス会社が目立ちます。日本のご家庭まで中東から届くまでに一ヶ月のタイムラグがある事から、一ヶ月前の価格と連動させている事も多いようです。

悪質なガス会社の手法はこうした料金上下がある時勢を利用しています。料金の値下げ額より値上げ額のバランスが大きく偏り、高くなり続けている現象です。

こうした卸し値も日々変動する中である程度一定の価格帯の中で消費者の元まで届けるサービスの為、ガス会社側にもしっかりと利益があり、消費者も安心してご利用できる価格帯をプロパンガス協会では適正価格としています。

プロパンガス協会による料金値下げ&価格の監視(全国対応)

プロパンガス使用料金なら適正事業者への切り替えサービスです。


ご相談から適正価格化まで全て無料です。
現在のプロパンガス料金を診断します。
継続的に適正価格での提供が可能な事業者をご紹介します。

お申し込みは5分程お電話で受付完了。
受付:インフォメーションセンター
0120-828-969(通話無料)
【受付時間】10時~18時 年末年始、夏期休業を除く

簡易料金診断はこちら